絶対に私のものにならないことなんて、充分すぎるほどわかっていた。だからせめて、誰のものにもさせないと、そう決めたのだ。


 その視線に気づいたのは、年に一度ある球技大会のとき。
 自分たちの試合が終わったあとはとくにすることがなくて、私はひーちゃんと一緒に、自分たちのクラスの他の試合を観ていた。そのときにあっていたのは、男子のバスケットの試合。クラスでもとくにかっこいいと評判の男子が一人出ていたので、やたらギャラリーが増えていた。その男子がシュートを決めるたび、耳に痛いほどの歓声が上がる。そんな中、ひーちゃんが熱心に追っているのは、女子たちの視線をごっそりかっさらっている彼ではなかった。
 私はそっと、ひーちゃんの視線を先を辿ってみる。いたのは、とくに活躍もできていない一人のクラスメイト。自分が活躍するより、仲間にパスを回すことに徹しているらしい彼を眺めていてもあまり面白くないだろうに、ひーちゃんは飽きる様子もなく視線を送っている。
 それに気づいたとき、私は、ショックを受けるより先に、妙に納得した。
 ひーちゃんが見ている彼は、人目を引く容姿でもなければ、成績も平凡だし、今の姿を見る限り運動も得意ではなさそうだ。だけど気配りができて、穏やかな、大人びた雰囲気を持っている人で、密かに女の子からの人気は高そうだと、見るたび思っていた。
 そして、ひーちゃんの好きそうな人だとも。
 きっとひーちゃんは気づいていないのだろう。自分が彼に恋をしていることも、今こうして彼を目で追っているのも、きっと無意識なのだ。だって気づいていたなら、ひーちゃんは私に教えてくれるはずだから。それだけは絶対的な自信があった。好きな人ができたとき、ひーちゃんは真っ先に私に教えてくれる。他の皆には内緒にしても、私には、私にだけは、絶対に言ってくれると。
 そう考えたとき、私は本人より先にひーちゃんの恋に気づいてしまったのだと気づいて、思わず苦笑した。そんなにもひーちゃんのことを見ていたのか。
 思えば、ひーちゃんと彼が話している姿は教室でも何度か見かけたけれど、そのときのひーちゃんは、他の男子と話しているときとは明らかに雰囲気が違った。とても、楽しそうだった。今の、彼を眺めるひーちゃんの横顔も、どう見たって恋する乙女のそれだ。
 ああ、そうだったのか、と、私は不思議なほど冷静な頭の片隅で考えていた。コートの中の彼へ目をやる。回ってきたボールを、すぐにまた別のチームメイトへパス。決して目立つことはないけれど、確実に仕事はこなしている。そっとひーちゃんの横顔を窺えば、やはり見ているのは、コートの中を軽やかに駆け回る男子ではなくて、彼一人だった。それを確認して、私はまた、視線をコートに戻した。
 胸の中は奇妙に静かで、冷たかった。


「西村くん」
 私から彼に話しかけたのは、それが初めてだったはずだ。
 朝の下駄箱。振り向いた西村くんは、ちょっと驚いた顔をしていた。気にせず、「おはよう」と挨拶をする。にっこり、とびっきりの笑顔をつけるのも忘れずに。一拍置いてから、西村くんも笑って、同じ言葉を返した。
 今日も寒いね、だとか他愛ない会話を交わしながら、彼と教室まで歩く。ひーちゃんはすでに登校していて、一緒に教室に入ってきた私たちにすぐに気がついたみたいだった。彼女が不思議そうにこちらを見ているのがわかったけれど、私は気がつかない振りをして、西村くんと会話を続けた。

 それは、驚くほどうまくいった。
 北城さんが好きなのだと、西村くんが告げたのは、その日から一ヶ月と経たない日の放課後。
 緊張した面持ちではあったけれど、彼の表情にはどこか自信が含まれていた。この告白がうまくいくことを、確信しているような表情だった。だけど彼の自信の根拠はわかっているから、私はなにも思わなかった。その自信を作ったのは私だ。これまでろくに関わりもなかったのに、急に、ことあるごとに話しかけ、笑いかけ、彼を目で追うようにすれば、あちらも意識し始めるまで、そう時間は掛からなかった。一週間後には、わかりやすく、目が合う頻度が増えた。そのたび照れた振りをして目を逸らしたり、最近では笑顔を向けてみたり、そんなことを繰り返しているうちに、彼は確信したのだろう。
 目の前の西村くんの顔を見つめる。真剣な表情で、彼もこちらを見ている。
「……うん」
 目を伏せ、はにかむように頷く。ふいに、瞼の裏にひーちゃんの顔が浮かんだ。彼女は泣くだろうか。頭の隅でそんなことを思いながら、顔を上げる。にこりと笑って、答えを返した。
「私も、西村くんが好き」


 ひーちゃんは作り笑いが絶望的に下手だ。目の前の、思い切り引きつった笑顔を眺めながら、改めて思う。
 西村くんに告白されたんだ。
 告げた瞬間、ひーちゃんの顔はごまかしようもないほど強張ったというのに、彼女はけなげにもすぐに笑顔を作って、なんとか取り繕うとしていた。
「それでね」それでも私は、気づかない振りをする。
「私、付き合うことにしたよ。西村くんと」
 そう続ければ、ひーちゃんはふっと目を伏せた。そっか、と呟く。
「……ゆっこは」
「うん」
「西村くんのこと、好きだったの?」
 自分の足下を見つめたまま、ひーちゃんが問いかける。私は少しだけ考えてから
「今まではね、はっきり好きだって思ったことなかったんだ。でも、西村くんが好きだって言ってくれたとき、すごく嬉しくて、そのときに気づいたの」
 私、西村くんのこと、好きだったんだなって。
 そこで言葉を切り、ひーちゃんの反応を待つ。ひーちゃんはしばし床に視線を落としたまま、黙っていた。やがて、なにかを振り切るように顔を上げる。それから、にこりと笑ってみせた。
「……そっか。よかったね!」
 気の毒なくらいに不自然で、不格好な笑顔だった。それでも私はなにも気づかない振りをして、うん、と笑顔を返す。
「似合ってると思うよ。いやー、それにしても西村くんは幸せ者だね! こんな可愛くていい子の彼女ゲットして。西村くん、見る目あるよ、うん」
 ないよ。心の中で呟く。
 見る目なんて、あるわけがない。こんな可愛くていい子が傍にいて、自分のことを想ってくれていたというのに、気づかず、私みたいなのに告白しちゃうなんて馬鹿だ。そんな馬鹿に、やっぱりひーちゃんはもったいない。絶対にふさわしくない。
 ねえひーちゃん、あんな彼のどこがよかったの。
「あっ、ゆっこ、これからはさ、あたしのことなんて気にしなくていいから。西村くんと一緒に帰りたいなら帰っていいし、お弁当だって、西村くんと一緒に食べなよ。ね、せっかくだから」
 早口に捲し立てられたひーちゃんの言葉には、やんわりと首を振って
「それより、ひーちゃんも一緒に、三人で食べようよ」
 一瞬で、ひーちゃんの顔から笑みが剥がれ落ちた。え、と困ったような声が漏れる。
「ね、そうしよ?」ひーちゃんが答えるより早く、そう重ねたら、ひーちゃんは眉尻を下げた笑顔で
「あたしはいいよ」
 と、首を横に振った。それから、また早口に
「あたし、どう考えても邪魔者だもん。ゆっこは良くても、西村くんから睨まれちゃうかもしれないしさ。二人だけで楽しみなよ」
 そっか、と返した私の声が寂しげに聞こえたのか、ひーちゃんはなにも悪くないのに、ごめんね、なんて言った。私が首を振ると、ひーちゃんの目からふっと表情が消えた。隠すように、顔を伏せる。しかしそれも、ほんの一瞬だった。すぐに顔を上げたひーちゃんは、いじらしくも、押し出したような笑みを浮かべて
「お幸せにね」
 そう、言った。
 ひどく不格好なその笑顔が、どうしようもなく、いとおしかった。


 前から知っていたけれど、ひーちゃんは気の利く子だ。放課後、西村くんが私のほうへ歩いてきたら、ひーちゃんはすぐに気づいて、なにも言わずに教室を出て行ってしまった。止める暇もなかった。
 西村くんは、一緒に帰ろうと誘ってきた。断る理由もなかったので頷く。私は昨日までずっとひーちゃんと一緒に帰っていたのに、そのひーちゃんのことはまったく頭になかったらしい西村くんは気の利かない人だと思いながら、帰り支度を済ませる。
 きっとひーちゃんは、私たちと鉢合わせないよう、どこか回り道をして帰っているのだろう。それか、まだ学校に残っているのかもしれない。そんなことを考えながら、西村くんと並んで帰り道を歩いていると、ふいに名前を呼ばれた。なあに、と西村くんのほうを向けば、少し緊張したような面持ちの彼と目が合う。
「手、つないでもいい?」
 おずおずと尋ねられる。私は笑った。右手を差し出す。
「いいよ」
 ああ、よかった。ぼんやりと思う。
 私の手をすっぽりと覆ってしまうほど大きな、西村くんの手。ぎこちない力の込め方からは、緊張が伝わってくる。その手の温かさも、大きさも、どうやら私の手との相性は良くないらしい。ひどく心地が悪かったけれど、気にせず私も彼の手を握った。
 昔、ひーちゃんと一緒に行った花火大会で、彼女と手をつないだことを思い出す。ひーちゃんと手をつないだのはその一度だけだけれど、彼女の手の温もりや感触は、今でもありありと思い出せる。はぐれないようにね、と柔らかく笑ったあの笑顔だって、すべて。砂糖を溶かした、あったかいミルクみたいだと思った。どうしようもなく優しくて、いとおしい温もりだった。私の、世界で一番大好きな、温もりだった。それを懐かしく思い出しながら、右手に力を込める。
 この手が握っているのが、私の手でよかった。この手が、ひーちゃんの、あの真っ白な、目眩がするほど綺麗な手を握っていたらと思うと、耐えられない。吐き気がする。
 そんなことは絶対に許さない。ひーちゃんは、誰にも触らせない。誰にも汚させない。

 誰にも、渡すものか。
 強く思って、私は、右手に触れる心地悪い温もりを握りしめた。


TOP